HOME各種委員会>感染症対策委員会>
 

医療安全管理に関する指針(無床診療所用)の改訂版

医療安全管理指針(改訂版)

他医療機関における針刺し・切創/血液・体液暴露事故診察受け入れ手順(国立病院機構弘前病院院内感染対策委員会・令和元年7月作成)

診療情報提供書  ○採血・感染症検査同意書

医薬品安全使用マニュアル  ○医療安全管理委員会記載用紙  ○医療安全管理指針

医療機器の保守点検計画・記録表  ○医療機器保守点検計画

輸血マニュアル  ○褥瘡対策マニュアル  ○院内感染対策指針 

 

医療安全管理指針と院内感染対策マニュアルの参考例を下記からダウンロードできます。(H19.5.21)

 平成19年4月の改正医療法の施行により、診療所の管理者には、医療の安全を確保するための指針の策定、従業者に対する研修の実施、
 その他の医療の安全を確保するための措置を講ずることが義務化されました。
 
 <主な項目>
(1)医療の安全管理体制の整備
(2)院内感染防止のための整備
(3)医薬品・医療機器の安全使用・管理体制の整備
 
 以上のことは、これまでも病院と有床診療所については義務化されていましたが、今回、無床診療所においても義務化されました。
 感染症対策委員会では、有床診療所の例として沢田内科医院、無床診療所の例としてナルミ医院の医療安全管理対策マニュアルを医師会ホームページにアップしました。
 これらは、あくまでも1例であり、状況に合わせて改変して作成する参考のためですので、それぞれの医療機関の責任で整備されるようお願い致します。

  ●無床診療所(※H23.10.25更新)        ●有床診療所      ●オリジナル版

ご不明な点は、弘前市医師会事務局にお問い合わせ下さい。

 《その他》

 ○感染症についてのお知らせ(日本医師会の感染症関連情報へリンクします)